リンゴループから脱出せよ|バッテリー交換後リンゴループになったiPhone7を救え

スポンサーリンク
リンゴループ ガジェット

iPhoneバッテリー交換後のリンゴループからの脱出

どうも、こんにちは!
A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。

今回は、前回見事に「リンゴループに陥ってしまったiPhone7を何とか自分で直したい」というブログ内容になります。

探偵B
探偵B

よみがえれiPhone7!

iPhone7のバッテリーを自分で交換|素人がスマホのバッテリー交換をした結果
自分でiPhone7のバッテリー交換をした結果 どうも、こんにちは! A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。 世間では「新しいiPhone12の売り上げが好調」なんてニュースが出ておりますが、わたし愛用のスマホは未だに「iPhon...

 

スポンサーリンク

なぜリンゴループは起こったのか?

「リンゴループ」とは

iPhoneユーザーを恐怖に陥れる不具合、それが「りんごループ」。
症状は、起動時に「りんごマークが出ては消え」を繰り返して、いつまでもホーム画面に到達できない致命的な不具合です。

こうなってしまっては「スマホとしては使えない」ので、文鎮として使うしかありませんよね。
これがいわゆる「文鎮化」というらしいです。

 

リンゴループの原因

ネットで調べてみると、リンゴループの原因には実に多くの原因が考えられるようです。

まぁ普通に考えて「バッテリー交換後」から発生しているので、素人がバッテリー交換したところに原因があるのは言うまでもありませんよね。

  • 素人がiPhoneを分解したので、気付かず内部部品を壊してしまった
  • バッテリーが不良品だった
  • 偶然、何かの拍子にiPhoneがおかしくなった

この辺りが考えられます。(素人考え)

とりあえず、iPhoneを再度分解して①を確認するのもいいんでしょうが、面倒くさいので簡単な方から始めたいと思います。

 

iTunesで復元を試みる

iTunesの画面

iPhoneをiTunesで復元

iTunesで「IOSアップデート」

まず、iPhoneがおかしくなったら「iTunesで復元」ですよね?
とりあえず、iPhoneのデータが残る「アップデート」から試してみます。

iPhoneをiTunesで復元する手順

結果は「変化なし」
相変わらずりんごマークがループしてiPhoneは起動しません。

次は

iTunesで「復元」

iTunesの「アップデート」では改善が見られなかったので、アップデートよりも強力な「復元」を試してみます。
注意点としては、復元はアップデートと違って、iPhone内のデータが消えます。

そして、結果はというと
相変わらず「リンゴループ」は継続中です。

そして

最終手段「DFUモード」で復元してみる

個人的には、初めて知った「DFUモード」ですが、iPhoneの動作がおかしくなった時に「これでダメなら諦めろ!」ってぐらいの強力な復元方法のようです。

DFUモードの手順(iPhone7)

  1. [サイド]ボタンと[音量下げる]ボタンを長押しする。
  2. 両方のボタンを8秒間押し続けてから、[音量を下げる]ボタンは押したまま、[サイド]ボタンだけを放す。
  3. パソコンがiPhoneを認識するまで[音量を下げる]ボタンを押し続ける。
  4. これで、パソコンを使ってiPhoneを復元する準備ができました。
iPhoneを完全に復元する、DFUモードで解決できる5つの問題
iPhoneも完璧ではありません。実際、ほとんどのユーザーが、買い替えるまでに少なくとも数回は何らかの問題を経験します。こうした問題の解決に使える最...

もちろん、探偵Bはバックアップを取っているので何も怖くありません。

DFUモードで復元を試みた結果
やっぱりリンゴループは直りませんでした…

リンゴループ

これ以外にもネット上に転がる「リンゴループが直りますよ」的なソフトウェアをいくつも発見したのですが、こういうソフトってほぼ100%有料なんですね。

もちろん、「直るかどうかも分からない」ソフトウェアには、探偵Bはびた一文支払いたくないので却下。
というか、3つぐらい無料で利用できる範囲で「リンゴループ直りますよソフト」を使いましたが、どれも症状改善には至りませんでした。

 

iPhoneの内部の確認

ソフトではどうにもならなかったので、次はハードですよね?

って事で諦めてiPhone7を再度分解して内部を確認してみます。

iPhone分解(2回目)

フレキシブルケーブル、コネクタの点検

まぁ2回目なんで、分解作業はスムーズに進みました。

見た感じ、「フレキシブルケーブルが割れてる」とか、「コネクターが潰れてる」とかはパッと見ないようです。(あまり老眼でハッキリ見えていない)

ここで探偵Bが考えたのが

  • 基盤がおかしくなってしまったんじゃ(致命的)
  • 目で確認できない程度にコネクターが変形している
  • フレキシブルケーブル内部で断線
  • バッテリーを外す際、Taptic Engine(タプティックエンジン)を壊した
  • バッテリーが不良品なんじゃ…
  • 分解の際、静電気で壊れた

この時点では、「これは絶対に基板が壊れたんだ!」と「いやいや、お前バッテリー外す時に思って切りタプティックエンジンに工具掛けてコジッてたでしょ」と2人の自分が言い争ってました。

結果どうなったかというと

 

部品取りのジャンクiPhone7をヤフオクで購入

ヤフオクでジャンクiPhone7を購入

やはり、まだまだ現役のiPhoneなだけあって「欲しがっている人間」がいっぱい居て、思っている以上の出費になってしまいました。

正直

すでに「新品のバッテリー代」と「ジャンクiPhone7」の合計金額で

バッテリー交換をプロに頼んでやってもらう金額より高くなってます…

もう何の記事かもわからなくなってきましたが、一応「リンゴループを直そう」としてます。

車もそうですが、もう1個あった方が部品を入れ替えて、不具合の発見が早く出来ますし、予算的にも一つ一つ部品を買うよりも安上がりですよね?

ここからは完全に寄り道なんですが

一応「画面にヒビは入ってるけど、iPhone7自体は使える」ってジャンク品を購入したんですが、SIM刺してもアンテナが立ちません…

「これは出品者に文句を言ってやろう」の前に、少しネットで調べてみると

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム

ごく一部の iPhone 7 において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、ステータスバーに (モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)「圏外」と表示される場合があることが判明しました。

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム - Apple サポート
「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム

上記の記事を見つけてしまいます。

ここで探偵Bが思ったのが

ワンチャン、このiPhone7も交換してくれんるんじゃ…

って事で、行ってきました「カメラのキタムラ 大阪・なんばCITY店」。

カメラのキタムラ 難波CITY店

そして

無事、新品のiPhone7をの手に入れました

交換されたiPhone7

まぁ新品といってもリフレッシュ品なのでしょうが、見た目は傷一つない新品。
6,500円で「有償修理35,000円程度する」iPhone7を手に入れれたので非常に満足です。

「カメラのキタムラ 大阪・なんばCITY店」のスタッフの方々ありがとうございました。
次カメラ買う時は「カメラのキタムラだな」って思えるほど、とても気持ちの良い接客でした。

以上、探偵Bが斜め上な方法で「iPhone7のリンゴループを脱出した」というお話でした。

否!これでは「リンゴループ脱出したことにはならない」と思う自分もいるんですね…

数日後…

改めて、iPhone7のリンゴループと向き合う

iPhone7の電源が入ることを確認

一応、使ってたiPhone7がリンゴループになって、また新たに「使えるiPhone7」を手に入れたことによって問題は解決したように見えますが、実際に私の「iPhone7ジェットブラック」はリンゴループのままです。

そう、「リンゴループを直す」という本来の目的に立ち戻って、再度問題の原因を突き止めることにしました。

もちろん、「新品に交換してもらったiPhone7」から部品取りするほど、探偵Bもバカじゃないのでお金の掛からない方法を模索します。

コネクターの接合が不完全なんじゃないかと疑ってみる(2回目)

iPhone分解(2回目)

「もしかしたら」ってことで、液晶パネルと基板の接合を何度か確認してみましたが、やはり変化はありません…

じゃあ

交換したバッテリーが不良品なんじゃ?と疑ってみる

ヤフオクで純正バッテリーを落札

よく「中国製のバッテリーが爆発した」ってニュース見るじゃないですか?
そうなると「交換したバッテリーが不良品だったんじゃ…」って考えるのも無理はないですよね。

その他では、リンゴループを完全放電まで繰り返して、バッテリー容量をゼロにしてから完全充電っていうのも試しましたが変化なし。

って事で、またヤフオクで落札してきました。
送料込みで300円ですが、実験用としては申し分ありません。

本当は交換前のバッテリーを取り付けたいところですが、取り外しに失敗してとんでもない状態になってますし、これはしょうがないですね…

バッテリーの比較

バッテリー容量が元に戻ってしまうのは残念ですが、純正品の安心感に勝るもんは無いですよね?
って事で、サクッと交換。

結果。

「こんにちは」画面まで進むように…

数日後、「こんにちは」まで進むように

交換直後は相変わらずの「リンゴループ」でしたが、何気に電源を入れた時「こんにちは」の画面まで進むようになりました。

しかし、毎回正常に立ち上がるわけでもなく、「数日に1回とか週に1回しかまともに起動しない」という意味不明な状態に症状が変わりました。

また「こんにちは」の画面でホームボタンを押しても無反応で、この画面から進みません。
(この辺りから「ホームボタンが割るんじゃ?」と思い始める)

そして、趣味が「iPhone7を分解すること」になりつつあった「ある日」
それは起こります。

これがリンゴループの原因かも…

千切れたフレキシブルケーブル

ってのを発見しました。
どう見ても「液晶パネル」のフレキシブルケーブルですよね…

液晶の表示は正常なところから、ホームボタン側のケーブルでしょうか?
なら「ホームボタンが反応しない」のも頷けます。

  • バッテリー交換時に損傷して、ついにストレスが爆発して千切れたのか
  • 度重なる分解で金属疲労のように千切れたのか

は既に不明ですが、今ある不具合は直さないとダメですよね?

ってことで、次回「iPhone7の液晶パネルを自分で交換する」に続きます。
では、また。

 

安心の修理実績80万台超!【iPhone修理アイサポ】

iPhone7のバッテリーを自分で交換|素人がスマホのバッテリー交換をした結果
自分でiPhone7のバッテリー交換をした結果 どうも、こんにちは! A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。 世間では「新しいiPhone12の売り上げが好調」なんてニュースが出ておりますが、わたし愛用のスマホは未だに「iPhon...

 

 

コメント