レガシィ(EJ20)のタイミングベルトをDIYで交換する1

ウォーターポンプ交換 車 DIY

レガシィ(BH5)のタイミングベルトを交換1

大変ご無沙汰しております
A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。
また久々の更新となってしまいました。

今回、私の第2の愛車と言える「スバル レガシィ」のタイミングベルトを交換したのでご報告いたします。

水平対向エンジンEJ20エンジンのタイミングベルト交換

スバルと言えば「水平対向エンジン」。
そう、私のレガシィも水平対向のツインターボです。
この車は大して弄ッてませんが、ちょっとした作業でも面倒くさい!

タペットカバー(カムカバー)のガスケット交換や普通にスパークプラグを交換するのですら結構手こずった記憶があります。

レガシィ BH5エンジンルーム

探偵B「久々のブログの為、ネジ1本外してから写真の取り忘れに気付く…」

見るからに面倒臭そうですね~
まずは冷却水を抜いて、ラジエーターを外して、前半の山場といえる「クランクプーリー」のボルトを緩めます。
うちには、クランクプーリーを緩めるSSTも無いので、ブレーカーバーを取り付け、そのままクランキングした結果、あっさりと緩みました。

おまけにプーリーの固着も無く、クランクプーリーもあっさりと外せました。

幸先が良すぎます。
これがシャッター付きガレージ保管の威力でしょうか?

レガシィ クランクプーリー

カムプーリー

探偵B「特に問題無し、17年経っても綺麗な状態です。」

うちの車は平成11年式の前期型で、走行距離8万km程度ですが、ベルトに特に亀裂も損傷も無くそこそこ綺麗な状態でした。
「面倒臭いので、このままカバーを付けて元の状態に戻したい…」衝動に駆られましたが、更に分解していきます。

BH5 タイミングベルト

探偵B「やっと会えたね…」

水平対向エンジン…
全長を短く出来、低重心で、振動が少ない…
素晴らしいエンジンなのでしょうが、整備性がいまいち。

基本として、1番を圧縮上死点に合わせてタイミングベルト外したのですが、、左バンクのカムプーリーがいきなり「ブンっ」ていってズレてしまいました…
ちょっと焦ったので画像がありません。

ウォーターポンプ 錆
BH5 水回り 錆

探偵B「錆てます」

冷却水を抜いた時から気付いていたのですが、どうも冷却系統にかなりの錆が回っているみたいです…

思えば新車で購入し、大事に大事に乗ってきたレガシィですが、結婚を機にうちの嫁が乗る事に…
夫婦関係が冷め切るのと同時に、レガシィのメンテを疎かにしていた結果がこれです。

ウォーターポンプ交換

探偵B「ウォーターポンプも交換、ちょっと形が違うような…」

新品のウォーターポンプの形が違いますが「これは改良品なんだ…」と言い聞かせ組みつけますが、なかなかウォーターポンプが入りません。

せっかち故に強引にはめ込むと、タイミングベルトの裏のカバーに亀裂が…
「これぐらいの修羅場はトヨタの時にいくらでも経験してるぜ!」と即座にアロンアルファで対策しました。

なんやかんやで完成したのですが、水を入れた瞬間、ウォーターポンプから大量の水漏れが…
どうやらウォーターポンプを強引にはめた時に、ガスケットがズレたようです。

いや~本当にウォーターポンプがはまりにくいんですよ。
皆さんも一度やってみて下さい、発狂もんですから。

あまりのショックで画像はありません。
結果、GW中車は動かず…

タイミングベルト交換に自信のない人は、ちゃんとディーラーで交換してもらいましょう。

探偵・調査のご相談はA-クラス総合調査事務所 大阪
タイミングベルト交換は大人しくスバルのディーラーで交換する事をお勧めいたします。

探偵Bにお小遣いを上げたい人は下記でご購入下さい。

にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

コメント