続・オフィスに小上がりをDIY3|オプションで進化する小上がり

小上がりver.2.1 オフィス・家 DIY

続・オフィスに小上がりをDIY3|オプションで小上がりを進化させよ

どうも、こんにちは!
A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。

前回、とりあえず完成した「小上がりver.2」ですが、今回は簡単なオプション品をDIYして、小上がりを様々な形態に変化させていきたいと思います。

もうお気づきだと思いますが、小上がりver.1で使っていた「ニトリのユニット畳」を上に敷くことにしました。
理由は簡単、各天板の木目があまりに違うので、見た目の改善です。

まずは

100均のフェイクグリーンで小上がりをグレードアップ

ダイソーセリアのフェイクグリーン

さすがに「ただ小上がりをDIYしただけでは殺風景」なので、オフィスに緑色を入れていきたいと思います。
オフィスと言えば「観葉植物」ですよね?

もちろん、観葉植物を買って飾れば済むところなのですが、うちの社長が極度の「虫嫌い」なのと「誰も水をやらなくて枯れてしまう問題」対策のため造花での作成する事にします。。

もう予算もあまりないので、貧乏人の味方「100均」でフェイクグリーンを色々と買ってきました。

100均の園芸用吸水スポンジ

吸水スポンジにフェイクグリーンを刺していく

探偵B「スポンジにフェイクグリーンをぶっ刺す」

吸水スポンジにフェイクグリーンを刺す感触に「何とも言えない快感」を感じつつ、おそらくセンスが求められるであろうフェイクグリーンの飾りつけを行なっていきます。

そして、フェイクグリーンを飾り付けたスポンジを「パレットの背もたれ」部分に入れてみます。

 

DIYでフェイクグリーンを飾り付けた結果

探偵B「フェイクグリーンが足りない…出来は40点ぐらいかな…」

結構な量を買ってきたと思っていたフェイクグリーンですが、全然足りません。
吸水スポンジが隠れるようにェイクグリーンを密集してぶっ刺した結果でしょうね…

パレット型背もたれの半分程度飾り付けた時点で、フェイクグリーンは尽きてしまいました…
「ダイソー 京阪シティモール店」に買い足しに行けばいいのですが、今日はパシリ探偵Kが居ません。

また「気が向いた人間がやるだろう」って事でフェイクグリーンはこの状態で放置。
見た目は値段相応って感じですが、遠目で見るなら全然問題ありません。

って事で、

小上がりに腰掛板をDIY

小上がりver.2のオプション品をDIY

オプション品…
いい響きですよね?

色々なオプション品を装備する事により、様々なミッションに対応できる

聞いただけでドキドキしますよね?
まさに「漢の浪漫」。

って事でオプション品1、前回もDIYした「腰掛け板」を端材でもう一つDIY。
前回の物よりも腰掛け部分が短いですが、もう端材も残り少ないのでこういう結果になりました…

さらなるオプション品をDIYしていきます。

 

1×4の端材でこたつをDIY

探偵B「収納ベンチの間に余っていた1×4の端材で脚をDIY」

そこに「小上がりver.1」の端材で

 

ver1の端材で天板をDIY

探偵B「天板をDIY、もう勘の良い方ならお分かりですよね?」

小上がりver.1の時も「一人用こたつ」を使って、「オフィスにコタツ」の夢を実現させた探偵Bですが、もちろん今回もその野望は捨ててません。

オフィスにこたつ」は後ほどご紹介いたします。

 

小上がりver.2 の全容

では今回DIYした「小上がりver.2」の全容をご紹介しましょう。

まずは各形態をご覧ください。

小上がりver.2 第一形態

探偵B「小上がりver.2 第一形態(収納ベンチのみ)」

すでに「これで十分なんじゃ…」って匂いがプンプンしてますが、我慢して見て下さい。

1番シンプルな「収納ベンチ」を向かい合わせて配置した形態。
何の障害もなく「窓際」まで行けるので、やはりこの形態が一番いいような気が私もします…

ベンチの幅は「170cmちょい」ありますので、そのままベンチで横になる事も可能です。

続きまして

小上がりver.2 第二形態

探偵B「小上がりver.2 第二形態(リフティングテーブル追加)」

やはり「オフィスにデスクがつきもの」って事で、収納ベンチの間に「ヤフオクで1円落札」したリフティングテーブルを配置。

窓際には行きにくくなってしまいますが、まぁこの形態も「アリ」でしょう。

この後にアップされるであろう「間仕切りドアDIY」も、このテーブルの上で大半の作業をしました。

正直「リフティングテーブル」の収納場所がありませんので、おそらくこの形態が一番多く使われると思います。

さらに続いて

小上がり 第三形態

探偵B「小上がりver.2 第三形態(腰掛板追加、リフティングテーブル収納)」

小上がり「第一形態」とか「第二形態」とかほざいていましたが、そもそも小上がりっていうのは、この「第三形態」の状態を小上がりって呼びますからね。

サイズ的には横幅は「ワイドクイーン」サイズ、縦は180cmほどしかありませんの、正直探偵Bには少し足りないのですが、170cm程度の身長なら楽勝で寝れます。

そもそも、この「オフィスに小上がりをDIY」シリーズは、終電を逃した探偵たちの仮眠スペース確保を目的に計画がスタートしたので、まさに計画の目的が達成された瞬間でもあります。
(ver.1でも達成していましたが…)

そして、この小上がりの最終形態をご紹介しましょう。

 

小上がり 堀こたつバージョン

探偵B「小上がりver.2 最終形態(オフィスに掘りごたつ)」

最終形態に「掘りごたつ」を持ってくる辺りが実に探偵Bらしいところですね。

今回も探偵Bの夢「オフィスにコタツ(掘りごたつver)」を実現しました。
もちろん、

小上がり 掘りごたつ2

探偵B「もちろん、こたつのヒーターもあります。」

一人用こたつ」のヒーターを流用して、ちゃんと掘りごたつとしての機能も有しております。

が、先ほども言ったように「リフティングテーブルの置き場所」が無いので、これは「ネタ」でDIYしました。
この撮影後、この掘りごたつが登場する事はおそらくないでしょう…

 

これまで3回渡ってDIYしてきた「小上がりver.2」ですが、今回めでたくフィナーレを迎えました。
おそらく、「小上がりver.3をDIYする」的な記事は上がらないと思います。

読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント