Googleアナリティクス導入|初心者アフィリエイターがアナリティクスをwordpressブログに導入する

wordpressにアナリティクスを導入してみた アフィリエイト

どうも、こんにちは!
A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。

昨年までは、「こんな年末にブログを更新させるなんて!」とブーブー言っていた探偵Bですが、今年は自主的にブログを更新している方だと思います。
トップアフィリエイターを目指す者として当然ですよね?

サイト、ブログ運営者として「Googleアナリティクス導入」は基本?

よく実績のあるアフィリエイターの方やブロガーの方たちが

「うちのブログはこれだけアクセスがあるんですよ!凄いでしょー」

的に載せているグラフがありますよね?

まぁブログに限らず、様々なサイトでも「月間〇〇万PV」とか「1日〇〇人の人が訪れています」みたいな見出しをよく見かけます。

あれって「Googleアナリティクス」っていうツールの管理画面である事が多く、うちの社長(探偵A)も時々見ながら

「うぉー!アクセスが落ちたー!!」

と騒いでいるのをちょくちょく見かけます。

そう、今回は私、初心者アフィリエイター探偵Bも遅ればせながら「Googleアナリティクス」って奴をブログに導入してみたいと思います。

個人的には、こういったアクセス解析みたいなものは嫌いじゃなく(むしろ好き)、暇な時に「もしもアフィリエイト」のレポートを見て

  • 「広告がクリックされたぁぁぁぁ!」
  • 「インプレッション数がさっきから増えてない!」

なんて言って一喜一憂しています。

そもそも、Googleアナリティクスとは?

サイト訪問者の動向を把握することで、訪問者の欲求を知り、サイト内の人気ページや不人気ページ、問題のあるページを知り、サイトを改善することで訪問者の満足を高め、訪問者数を伸ばす。商用サイトであれば業務に寄与し、アフィリエイトサイトであれば収益を伸ばす

検索サイトでの上位表示を得るためのツールとする

https://ja.wikipedia.org/

要は

  • 訪問者数
  • 閲覧ページ数
  • 滞在時間・訪問回数・訪問頻度
  • 訪問者のサイト内移動経路
  • 訪問者の検索キーワード
  • 訪問者の来訪前経由サイト
  • 訪問者の最初に開いたページと最後に開いたページ
  • 訪問者の使用PC等の画面解像度、ブラウザの種類、回線の種類、プロバイダ、アクセスしてきた国・地域
  • 広告クリック数と収益
https://ja.wikipedia.org

等、訪問者の色々な情報がわかるらしいいです。

これは「訪問者が丸裸になって見える」と言っても過言ではないツールじゃないですか。
まさにアフィリエイター、ブロガーに必須のツール。

って事で、

まだまだ駆け出しのアフィリエイターですが、私もこのブログにアナリティクスを導入してみたいと思います。

Googleアナリティクスをwordpressに導入する方法

Googleアナリティクス導入画面

アナリティクスの導入方法としては、そこまで難しいことはなく、Googleアカウントでログイン後、Googleアナリティクスのサイトへアクセスします。

Googleアカウントをお持ちでない方は、まずはアカウント作成からですね。

登録画面で「サイト名」と「サイト・ブログURL」、「サイト・ブログのジャンル」、「レポートのタイムゾーン?(とりあえず日本)」を入力するだけ。

入力が完了すると「トラッキングコード」が取得できますので

トラッキングコード(青い部分)をコピー

アナリティクスのトラッキングコード

あとは、自分のブログやサイトにトラッキングコードを貼り付けるだけ。
一応、これでGoogleアナリティクスは使えるようになります。

トラッキングコードなんて、どこに貼り付けるんだよ!

って方もご安心ください。

今回は、珍しく探偵Bが詳しい解説をしてみたいと思います。
wordpressに限った話ですが…

wordpress設定画面

アナリティクスのトラッキングコード貼り付け場所

wordpressの設定画面で、「カスタマイズ」⇒「外観」⇒「テーマエディッター」をクリックした後
(wordpressテーマ「cocoon」の場合)

テーマファイル内の

「head-insert.php」をクリック(テーマによっては「head.php」等)

head-insert.phpに「トラッキングコード」をペーストして、「ファイルを更新」ボタンを押せば、これでwordpressの方の設定も完了です。

で、どうなるかと言うと

探偵B「Googleアナリティクス来たーー」

アナリティクスの管理画面

で、「リアルタイムレポート」ってのをクリックすると

ポチっ

探偵B「10分ほど前のアクセスがあったらしいです」

アナリティクスのリアルタイムレポート

まさにリアルタイム。

ブログ アクセス数

で、例のアクセス数の折れ線グラフですが、昨日のまでしか表示されないみたいです。
明日からが楽しみですね。

さらに色々を管理画面を見ていると

探偵B「私のブログにも訪問者が…」

アナリティクスでブログへの訪問者を確認

画面を見ると

6分ほど前にご訪問いただいて、一人用こたつの記事を現在読んでもらっている

って事なんでしょうか?

さらに訪問が続きます。

探偵B「ブログへのアクセスありがとうございます。」

Googleアナリティクスでアクセスを確認

今回の方は、現在「ガソリン添加剤の洗浄効果 比較実験」の記事を読んでいただいているって事なんでしょうね。
ブログにアクセスがある感」をリアルに感じます。

また、「アクセスしてきた地域なんて国ぐらいまでしか分からないんじゃ…」と思っていたのですが、この所在地の地図を見ると

さっきの訪問者は大阪近郊で、今回の方は東京近郊からのアクセス

って事なんでしょうか?

これが本当なら

探偵B「Googleアナリティクス、凄いぜ!」

と言わざるを得ません。

まぁ初心者アフィリエイターは、こんなツール眺めて一喜一憂する前に「とりあえず記事を書け!」って言われそうですが、サイト・ブログ運営者として今回「Googleアナリティクス」を導入してみました。

ではまた。

コメント