ドコモショップと戦う探偵(非クレーマー)

スポンサーリンク
XperiaZ1f ガジェット

探偵B いい加減なドコモショップの店員に怒る

お久しぶりです。
A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。

私事ですが、最近スマートフォンを某ヤフーオークションで購入しました。

スポンサーリンク

その名も「Xperia Z1f」2013年12月発売の機種です。

しかし!

XperiaZ1f

探偵B「新品なのに、ボリュームボタンがおかしい」

ボリュームの+ボタンは「カチカチ」音が鳴るぐらいクリック感があるのに、-ボタンは「クニャクニャ」してて押してる感覚が無いんです。

保証書の期限が迫っていたので、速攻で事務所の近くの「某ドコモショップ 天〇〇店」へ向かいます。
対応してくれたのは、いかにも地味な女性スタッフ。

新品交換を期待して出向いたが、「全国にこの機種の在庫が無い」を理由に新品交換する気は無いようなので修理を依頼した。


5日後、修理が完了したので、再度「某ドコモショップ 天〇〇店」に出向く。
修理上がりのスマホを持ってボタンの確認をしたが、大して変化は無いようだ。

探偵B「これ修理前と変わってしませんよ」

今回、対応してくれたのは20代の男性スタッフ。
風邪気味なのか、何度も咳をしているにも係わらずマスクを装着する気も無いようだ(怒

あまりにも目の前で咳き込むスタッフに「ムッ」としながらも上記のセリフを吐いたら

「こちらとしてはスイッチ部分と液晶パネルを交換しましたし、メーカー側もスイッチの押し加減が許容範囲内なので、こちらに戻ってきたのでしょう」

ここで「カチン」と来た私は

探偵B「許容範囲、許容範囲と仰るが、使うのはメーカーか?客だろ?その客がボタンがおかしいって言ってるんだよ!」

と柄にもなく少し大きな声を出してしまった。

その時、横の家族連れがクレーマーでも見るような目で私を見ます。

違う!私はスマホの不具合を訴えているだけで、無理難題を言っているわけじゃない!

と言いたかったが、その後も店長に対応を交代させ粘り強く交渉した。

結局、怒るのも疲れてきた私は、仕方なくその機種を使う事を決意して帰宅。

購入して1週間、やっと液晶の保護フィルムを剥がす時が来たが、そこで事件は起きた。

探偵B「液晶に傷が・・・」

フィルムを剥がすと、交換されたはずの画面に結構深い傷がついているではありませんか!
(すいません、写真撮ってません…)

翌日、某「ドコモショップ天〇〇店」に見切りを付け、自宅近所の「某ドコモショップ アリオ○○店」へ出向く。
これまでの状況を話すと、店長らしき人が謝罪してくれて、すぐに「新品の手配」をしてくれた。
某「ドコモショップ天〇〇店」では全国に在庫が無いと言っていたが、「静岡に1個ありますよ」との事。

更に5日後、やっとの思いで新品スマホを手に入れました。
めでたし めだたし

「同じドコモショップでも、ここまで対応が違うか!」ってのが今回の感想です。


探偵・調査のご相談はA-クラス総合調査事務所 大阪
スマホのご相談は最寄のドコモショップさんへどうぞ

コメント