Xperia X performance(F8132)Dualをレビューするブログ2

Xperia デュアルSIM2 ガジェット

XperiaX performance(F8132)が来た2

どうも!A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。
前回の続きになります。

F8132のデュアルSIMを試す

デュアルSIM

探偵B「SIM1にiijmioのSIM、SIM2にFOMAプランのSIMを」

さて、どうなるのでしょう?

ポイントは「SIM2」にFOMAのSIMを入れる事だそうです。

Xperia デュアルSIM

探偵B「FOMA SIMは一応認識しているようです」

これは期待が持てますね~
SIM1の「iijmioAPNを入力する事により・・・

Xperia デュアルSIM2

探偵B「LTEの電波を掴みました!!」」

設定としては、データ通信を「iijmio」に、通話は「ドコモのFOMA」に設定しました。
FOMAの方は、特別APNの設定をしなくても電波を掴んだようです。

通話に関しては、通話の際にどのSIMを使うかの選択も出来るようです。
まさに夢の叶った瞬間でしょうか?

デュアルSIM 着信中1
SIM1に着信を確認
デュアルSIM 着信中
SIM2にも問題なく着信。

探偵B「デュアルスタンバイを確認しました!社長!!」

同時待ち受けの文字通り、両方のSIMで着信を確認しました。

しかし問題も…
当たり前かもしれませんが、片方のSIMが通話中に、もう片方のSIMに電話を掛けても
電波の届かない場所にあるか、電源が入っていません」的なアナウンスがされてしまいます。
一応、私はキャッチホンの契約をしているのですが、デュアルSIMはキャッチホンのように着信を知らせてくれたりはしないようです。

まぁこれでも十分なような気がしますが…

が、それ以外に最大の問題を確認しました。

SIMフリー 技適

探偵B「ない!」

技適 SIMフリー

探偵B「どこにも技適がない!!」

一番大事な奴がありません。
まぁわかっちゃいましたけどね…

日本国内で販売する電波を発する製品は、すべて総務省が電波法などの「技術基準に適合を確認した」という認証を与えています。
所謂「技適マーク」ですが、このスマホにはそれがありません…

つまり、このスマホは日本国内で使ってはいけない…という事です。

各種法令を遵守するA-クラス総合調査事務所はもちろん、そこで働く私も、その代表者も電波法違反のような犯罪は犯すことがないでしょう。

よってこのスマホは、帰国後すぐに「某ヤフーオークション」に出品されるか、調査員の海外調査用のスマホとして活躍するでしょう。
おわり

探偵・調査のご相談はA-クラス総合調査事務所 大阪
FOMA SIMが使えるSIMフリースマホとして「XperiaXperformance」は素晴らしい。

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

コメント