DIYでエンジンを載せ替える|スパシオのオイル消費問題に終止符を打つ1

1ZZ-FEエンジン DIY

どうも!こんにちは!
A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。

男には、どうしても戦わなければならない時がある…」と言われますが、とうとう私にもそんな時が来てしまいました。

探偵B
探偵B

探偵B、闘います。

DIYでオイル上がりのエンジンを交換する

約2年にも及ぶ1ZZ-FEエンジンの「オイル上がり」との戦いに終止符を打つべく、ついに最終手段に出ました。

ブログ的には、エンジンをオーバーホールした方が美味しいような気もしますが、今更「トヨタの1ZZ-FE」エンジンなんて誰も興味ないでしょ…

って事で今回は手っ取り早く「エンジン交換」を選択。

探偵B「エンジンまるごと交換! 走行距離3万km台の良品です」

某ヤフオクで、その「走行距離の短さ」と「値段」に飛びついてしまいました。
嫁の冷たい視線にも屈せず、ガレージに運び込みましいた。

そもそも

20万で買ってきた車をエンジンを載せ替えてまで乗る必要があるのか?

って問題はありますが、まぁ「なんか面白い事したいな」って事で交換に踏み切りました。

今回のプロジェクトに元整備士の血が騒ぎ、最後の最後まで2ZZ-GEエンジンを探していたのですが、予算の都合とあまり良さそうなタマが見当たりませんでしたので

最速のスパシオを作る計画

はかなわず、元々載っていた1ZZ-FEエンジンでいく事にしました。

ちなみに

  • 1ZZ-FEは1800ccの一般車に積まれているエンジン
  • 2ZZ-FEは2000ccでスポーツグレードの車に乗せられている高性能エンジン

って感じです。

連休が取れれば、作戦を決行したいと思います。

今回は「エンジン載せ替え」の記事ではなく、あくまで「決意表明」って感じです。
もし、面倒臭くなって載せ替えなかったら周りから突っ込みが入るので、自ら逃げ道を塞いだ形ですね。

DIYでエンジン載せ替えするには、最低でもエンジンクレーンはあった方がいいですね。

コメント