バーダル リングイーズを試す探偵(1ZZ-FEオイル上がり2)

バーダル リングイーズ DIY

オイル添加剤でオイル上がりを解決する作戦1

どうも、こんにちは!
A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。

とりあえず、前回の続きですが、スパシオの「ピストンリング交換」の見積りを知り合いの車屋に出してもらったのでご報告いたします。

1ZZ-FEエンジンのオイル上がり問題に悩むブログ1
1ZZ-FEエンジンのオイル上がり問題1こんにちは!A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。今回は「AE86のレストア」から離れて、私の現在の愛車「カローラ・スパシオ」の抱える問題を解決したいと思います。オイル上がりを起こした愛車そ...

カーディーラーで「ピストンリング」の部品代を見積もってもらう

ピストンリグ交換 見積り

探偵B「工賃を入れると、とてつもない金額になる…」

実は私、社長と同じく某ディーラーで自動車整備士をしていた経験があり、ピストンリングぐらい交換しようと思えば出来なくはないはずです。

しかし、おそらく錆び付いているだろう自動車整備のスキル、自宅ガレージの貧素な設備、更には現在の愛車に対する愛情などの理由で、自宅でピストンリングを交換しようとは全く思いません。

じゃあどうするのか?

バーダル リングイーズ

探偵B「バーダル リングイーズ!!」

化学薬品を含む添加剤が消耗するとベースオイルが酸化し、金属表面に粘着性のある液膜(ワニス)ができ、汚れや摩耗細片と結合してエンジンスラッジを発生させます…
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金属表面のガムとワニスを除去しスラッジを分解してエンジンのパワーと性能を回復させ・・・・・・・

要は、エンジン内のスラッジを溶かして、ピストンリングの固着を解消してやろうって商品です。

誰だって「数万円のピストンリングを交換するより、数千円で手に入るオイル添加剤を先に試しますよね?

もちろん、私もそうします。

実際、注入後に500km程度走ってみたのですが、明らかにアイドリングの時の音が静かになり、エンジンも鋭く吹け上がる・・・といった効果はありませんでした。

まぁまだ500km程度ですからね…
3000km走行後にどれだけ効果が出ているか楽しみです。

リングイーズの後日談

エンジンオイル レベルゲージ

おそらく、リングイーズを注入して3000km弱は走行したのですが、やはり効果というものは感じることができませんでした。

別に「バーダルのリングイーズ」をディスっているわけではないのですが、少なくとも私にはオイル上がりが改善したようには思えませんでした。

相変わらず、アクセル全開で

「煙がドカン」とか「煙モクモク」

って感じでしたし…

DIYでエンジンを載せ替える|スパシオのオイル消費問題に終止符を打つ1
どうも!こんにちは!A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。「男には、どうしても戦わなければならない時がある…」と言われますが、とうとう私にもそんな時が来てしまいました。探偵B探偵B、闘います。...

更にさらに後日談

このバーダルのリングイーズ注入した後

たまたま程度の良さそうなエンジンを安くで購入することができ

  1. 新しいエンジンに交換
  2. オイル上がりを起こしたエンジン中身を確認
  3. エンジンオイル添加剤の比較

って感じでブログ内で進めていったのですが、まずオイル上がりを起こしたエンジンの中身ですが

2番ピストン

探偵B「オイルリング固着してませんでした」

ん~これは凄い意外でしたね~
オイルリングも綺麗なものです。

きっと前のオーナーのオイル管理が悪くて、オイルリングが固着した事によるオイル上がりだと思っていたのですが、実際は

オイルリングの固着はなく、他のリングもスムーズに動く状態

では、何が原因だったか?

ピストン自体が欠陥品だったんですね~(個人的な推測)

おそらくですが、

  • オイルリング固着⇒燃焼室にエンジンオイル混入⇒×
  • ピストンからのオイルの戻りが悪く、燃焼室内にオイルが混入⇒

が正しいのではないかと思います。(もちろん、個人の予想です。)

実際に1ZZ-FEのピストンはある時期から、オイルリング溝のオイル逃がし穴が倍増しているんですね~
まぁ問題がないなら、わざわざピストンに開いている穴を増やしたりしませんよね?
面倒くさいし、コストもかかりますし

結論から言うと、元から

私の車に「バーダルのリングイーズ」を入れても効果が出るわけがない

だってピストンに欠陥があっただけで、スラッジなんて元からそんなに溜まってなかったんですから…
何だったら、エンジンオイルが燃焼室に溢れ出すぐらい、十二分にピストンリングが潤滑されていたって事ですよね?

ワンチャン、リングイーズから始まった数々のオイル添加剤たちが長い時間を掛けて、ここまでスラッジを落とした可能性も否定できませんが、たぶん元から固着なんかしてなかったと思います。

反省するなら、リングイーズ注入前にもう少し調べておけば良かったですね。

だから、

探偵Bのことは嫌いになってもリングイーズの事は嫌いにならないでください

探偵Bの事は嫌いになっても、バーダルのリングイーズの事は嫌いにならないでください!

オイル添加剤の比較実験でも、そこそこ結果を出しているので、噂通り「バーダルのリングイーズ」は良いオイル添加剤なんだと思いました。

しかし、当時は「まだこの事実に気付いていない」ので、また同じような添加剤を使ってオイル上がり問題を解消しようとするんですよね~
無駄なのにね…

フューエルワンをレビューする探偵(1ZZ-FEオイル上がり3)
オイル上がりをガソリン添加剤で解決する作戦2お久しぶりです。A-クラス総合調査事務所の探偵Bです。残念ながら、私の愛車「カローラスパシオ」のオイル上がり問題は、いまだに解決には至っておりません。相変わらず「1000kmも走行すれば...

コメント